5/6 初顔合わせ 5名で合奏

5月6日の初練習会。5名の方にお集まり頂きました。

袋一杯の譜面を用意しましたが、8割がた初見では無理そうでしたね。失礼いたしました。今回は、初顔合わせということで、特に「これ!」と決めていいませんでしたが、2重奏から初めて、4重奏まで楽しめました。ありがとうございます。

【2重奏】
– ルイエ・ド・ガン Sonate a-Moll  (3楽章まで)  [A,A]
– 4つのアメリカのダンス [S,A]

【4重奏】
– めぐり逢い (A.ギャニオン) [S,A,T,B]
– 「魔女の宅急便」より「風の丘」 [S,A,T,B]
– 日本の四季 春 [S,A,T,B]
– ピタゴラスイッチ [S,A,T,B]

【リコーダー四重奏曲集 2】
– ファンタジア (トマス・ルポ)
– カンツォン (アドリアノ・バンキエリ)
– セレンガー ラウンド(ウィリアム・バード)
– カンツォーナ(ハインリッヒ・イザーク)

【リコーダー四重奏曲集 4】
– クリスマス・パストラーレ(アカンジェロ・コレリ)
– カンツォン (アドリアノ・バンキエリ)
– “ムーア人の復讐より”(ヘンリー・パーセル)
– カノン(ヨハン・パッヘルベル)

演奏の出来はさておき、こうやってタイトルを挙げると、随分と楽しみましたね。初顔合わせで、ここまで出来たこと、嬉しく思います。譜面が次から次へと出てきたので、これ以外にも合奏したかもしれませんね。

中でも、パッヘルベルのカノン、アルト3人、バス1人で合わせました。私は、まともに合わせたことが無かったので、なんかとても嬉しいですよ。後半は、ルネサンス、バロックの曲のオンパレードになりましたが、いろいろなジャンルの曲に取り組んで行きたいですね。

次回以降は、事前に曲を決めてから望みたいと思います。今後ともよろしくお願いいたします。

“5/6 初顔合わせ 5名で合奏” への2件の返信

  1. はじめまして。私は、テナーリコーダーを担当しています。が、凄いですねレベルが高い曲ばかりでビックリしました大宮に住んでいるので、川越なら…駅から近くなら…と思っていたのですが
    レベル的に無理でした

  2. 芝さん

    このサイトの管理者の伊藤と申します。
    初コメントありがとうございます。第1回の練習会の前から興味をもって頂いたようで、とても嬉しく思います。5/6の初顔合わせでは、確かに列挙した曲を見ると、ちょっと難しいものも含まれていますが、つっかえながらも、なんとか通しただけですから。

    リコーダーを通じて、交流を図ること主としています。アンサンブルのレベルは徐々に上がればいいなぁ。という感じです。

    川越の中央公民館は、駅から少し離れていますが、よろしかったら一度見学にきませんか。駅から会場までは、送り迎え可能です。よろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください